保育園看護師 - 少子高齢化社会の中で重要な役割を分担

保育園看護師 → 多様化する看護師の職場 - 保育園看護師の位置づけ

多様化する看護師の職場 - 保育園看護師の位置づけ

「病院」や「クリニック」だけが看護師の職場ではありません。明らかな医療現場以外で仕事ができる場所を知っておくといいでしょう。看護師が仕事をする環境が拡大することは就職や転職に有利になるでしょう。ここでは、看護師が必要とされている3つの例のご紹介します。
保育園看護師の仕事内容は?

1番目は<介護系現場>です。超少子高齢化社会になれば間違いなく増えるのが介護のフィールドでの仕事です。高齢者をケアする施設では介護福祉士が中心になります。けれども免疫力が低下している高齢者へ即時対応するニーズも出てきています。

最近では医師や看護師が常駐している医療機関が併設されているケースも珍しくありません。だれでもが医療行為を行えるのではなく(1)医師(2)看護師(3)患者様のご家族に限られます。不測の事態に医療現場と円滑でスピーディーな連携ができる看護師の機敏さや知識はたいへん期待されています。

2番目は<保育園・保育所>です。超少子高齢化社会になると単純に「子どもが少ない」ということだけではないです。少ない限られた人数で高齢者を支えなければならないのです。

仕事ができる間については<共働きをすること>が普通になってきます。女性も出産したあとは復職するケースが増えます。当然ながら乳児の時期から保育園や保育所に子どもを預けることになるでしょう。

最近では<待機児童問題が喫緊の課題>として取り上げられています。親の立場では<預ける場所がない>ということではなく<預ける場所の充実度>が気にかかるのです。大切に育てている子どもですから意識するのは当然でしょう。

子どもは抗体ができて耐性がつくまでは病気にかかりやすいです。保育士も応急処置は学んでいます。けれども万が一に備えて保育園や保育所でも看護師を保健の先生というポジションで雇っているケースが増えています。

保育所は人手が圧倒的に不足していますから現場に限りは子どもの世話をすることは避けては通れません。特にトラブルがなければ保育士と同じように考えられるでしょう。子どもにとってはとても頼りがいのある先生になります。

3番目は<会社の保健室>です。大きな企業になりますと専門の場所も確保できますから看護師を雇うケースも増えています。以上、3つの例を上げましたが怪我や病気で苦しむ人たちを励まして適切な処置が出来る看護師は頼りになる存在であることに間違いはありません。

看護師の職場にブラック企業はあるのか

最近良く聞く言葉にブラック企業という言葉があります。過酷な労働環境を強いる企業の事を指しますが、飲食やサービス業ではこういった職場があるという例をよく聞きます。

ですが、看護師の職場もかなり忙しい現場は多く、ブラック企業という声は聞こえていなくても、実際入ったらとても大変で後悔したという事も時々あります。看護師の業界もブラック企業と無縁ではないのです。職場をこれから決める方は注意して職場選びをする必要があります。

まずは病院の規模についてですが、総合病院や大型病院は患者さんの数が多いです。看護師の数も多いのですが、患者さんの数に対して看護師が少なく、足りていない職場というのは意外と多いです。

そのため、病院の規模と看護師の人数はきちんと確認しておきましょう。転職サイトに登録すると転職アドバイザーの方に相談ができたりしますが、こういった方に情報を聞くのも良いでしょう。離職率なども聞けると更に良いです。

また、アドバイザーに聞いた時にはっきりと答えてくれない時には、その職場への転職はよほどでない限りは控えて置いた方が良いでしょう。知りたい情報が曖昧なままで転職するのはかなり無謀です。

また、転職サイト自体が仕事を紹介するだけになっている場合もあるので、ここは自分で話を聞いてみて、頼りになるかの感触を確かめてから、今後の利用を継続するかを決めると良いでしょう。親身になってくれる所を利用しましょう。

小規模の病院やクリニックは落ちついて働ける職場も多いですが、中には院長がワンマン的な感じの方だと、同じく過酷な状況になる事があります。特に看護師が一人という状況だと他に頼れる方もいなくて体が持たないというケースもあります。

医療関連の職場はこういった情報が中々まだ表に出てこない部分は多いですが、できる限りよくチェックしてから転職をする事をお勧めします。まだまだ人手不足の看護業界なので、気を付けたい所です。